カトリ企画&iaku合同企画〜『紙風船』から90年。岸田國士の今〜

「葉桜」flyer表「葉桜」flyer裏  

東京・大阪・金沢で 各40分程度の作品を2本立てで上演。
みやなおこは、iaku「あたしら葉桜」に出演致します。

岸田國士代表作「紙風船」発表から90年目である2015年。
iakuは彼の初期の「葉桜」を関西弁でリライトし、カトリ企画は晩年の夫婦を描く小説を脚色する。

テレビや映画のドラマで話されている「はなしことば」を今ひとたび考える。

「あたしら葉桜」
娘の見合い相手の態度が気に入らない母。娘の気持ちも煮え切らない。
母の部屋で、娘の結婚を巡ってとりとめのない会話が繰り広げられる(原作あらすじ)。

今、お見合いという文化はほぼ廃れた。
母は娘の服を借りて、娘と一緒に買い物に出掛ける。
娘は25越えても母親を親友扱い。彼氏のことも一番に相談する。
この母娘の関わりは不可解である。
大正時代、岸田國士が妹のお見合いを題材に書いたと言われる戯曲を、
現代の母娘観に準えて再構築する。

※チラシclickで大きいチラシが見られます

公演概要
iaku
「あたしら葉桜」
脚本:横山拓也
原案:岸田國士「葉桜」より
演出:上田一軒
出演:みやなおこ、海老瀬はな(松竹エンタテインメント)
カトリ企画
「ある夫婦」
脚本:渡邊一功(リュカ.)
原案:岸田國士「ある夫婦の歴史」より
演出:山本タカ(くちびるの会)
出演:山田宏平、北川麗(中野成樹+フランケンズ)
東京公演 日時:2015年
3月11日(水)19:30
12日(木)19:30
13日(金)、14日(土)15:00/19:3015:00/19:30
15日(日) 15:00/19:30

※受付開始・開場は開演の20分前
※民家ですので靴を脱いでのご入場となります

料金:前売・当日共2900円 イス席3000円(要予約・限定)

会場:古民家asagoro(東京都中野区若宮3-52-5)
アクセス:西武新宿線「鷺ノ宮駅」下車、徒歩8分
大阪公演 日時:2015年
3月18日(水)19:30、19日(木)19:30
20日(金)15:00/19:30、21日(土) 15:00/19:30

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前

料金:前売2800円/当日3000円
会場:インディペンデントシアター1st(大阪市浪速区日本橋5-12-4)
アクセス:地下鉄堺筋線「恵美須町」駅下車、1B西出口より南(左)へ徒歩約1分

チケット申込み 東京公演チケット申込み>>>
大阪公演チケット申込み>>>
金沢公演 北陸新幹線開業記念で行われる金沢ナイトミュージアムに参加
それぞれ申込み予約が必要です。
3月22日(日 )①17:30~「あたしら葉桜」②「ある夫婦」
会 場:中村記念美術館旧中村邸
定 員:各40名(要予約)
申込先: 金沢芸術創造財団事業課
TEL: 076-223-9898(受付:平日9:00~17:00)
Email:info@nightkanazawa.com
参加費: 各1000円
※2本通してみられる方は通し料金1500円

3月23日(月)20:00~ 「あたしら葉桜」、「ある夫婦」を2本立てで上演 受付・開場は30分前
会 場: 金沢市民芸術村里山の家
定 員: 各40名(要予約)
申込先: 金沢芸術創造財団事業課
TEL: 076-223-9898(受付:平日9:00~17:00)
Email:info@nightkanazawa.com
参加費: 2000円

金沢公演詳細>>>
お問い合わせ 〈カトリ企画〉090-6521-5230(11:00~18:00)
〈iaku〉06-6647-8243(11:00~20:00)
iakuサイト>>>
プロフィール <iaku>
大阪を拠点に活動する劇作家・横山拓也の個人ユニット。
アンタッチャブルな設定と、小気味良い関西弁口語、強度のあるセリフを持ち味にして、議論、口論、口喧嘩を覗き見できる会話劇で全国を巡る。
ほとんどの作品で上田一軒氏が演出を担当。
関西の優れた俳優を作品毎に招くスタイルで上演している。
iakuレパートリー作品に「エダニク」「人の気も知らないで」「流れんな」などがある。

<カトリ企画>
主宰カトリは舞台芸術批評家として活動していたが、豊富な演劇人の交流の中からその実力を高く評価する役者、演出家を、出身や経歴を飛び越え、普段出会わない形で舞台作品を作ることをプロデュースするようになった。
カトリ企画は才能たちの自在の組み合わせにより今まで見ることができなかった作品に結実させている。
2012年からの3年間で演劇の本公演9回、その他演劇普及のためのイベント、朗読会など5回の企画を実施している。